FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

底上げシステム

ご訪問頂き有難うございます。


ポチが励みになります<(_ _)>
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村


今日の一枚
IMG_8823.jpg


今回は底上げ飼育システムを

もう少し詳しくというお声(指摘)を頂きましたので

一部以前書いた記事の使いまわしですが、

底上げ飼育システムを再度ご紹介します。



底面マットでソイルを底上げするタイプ
IMG_7938.jpg


水槽後ろ半分に底面マット(ろ材)などで底上げするタイプ
IMG_7101.jpg
手前にソイルうす敷きしてますが敷かない人も居ます。


その他にも横タイプなど
IMG_8018.jpg


これらはブリーダーが自分にあったスタイルを

試行錯誤した結果に生み出された飼育方法なので、

細かい方法などはブリーダーによって違ってきます。

②は①よりソイルを使わなくて済むように出来たシステムです。

これらのタイプの水槽底には穴が開いており

写真のようなバルブ コックを取りつけてあります。
IMG_7923.jpg
捻ると下に水が抜けるシステムになってます。




これは私が底上げ用に使用してる底面マット
IMG_7925.jpg

この底面マットは

右下の穴に底面のパイプを付ければ底面マットとしても使えますが

私は底面を使用しないのでシリコンで埋めてあります。

IMG_7924.jpg



底上げシステムは

ソイルを底上げして水を下に通す事で

この淤泥?を貯めないのが目的の一つです。
IMG_8276.jpg


底上げシステムのメリット
・ソイルが長持ちする。
・水替えが楽になる。
・水質の管理がしやすくなる。


底上げシステムのデメリット
・ソイルの減りが早い(ソイルの種類により違います)
・鑑賞用には向かない。
・リセットに時間がかかる。
・①の場合ソイルをケチって敷くとこうなります。
IMG_8974.jpg


この底上げ飼育システムを

100均などで売られてる園芸用品やプラケースなどを使って

上手に再現されている方がいますので、興味のある方は是非試してください(=゚ω゚)ノ




ではでは 

ちょっとでも参考になればと思います。






最近ロゴタイトルジェネレーターで遊んでます。
14843685070vo9q864tj.png


ポチが励みになります<(_ _)>
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。