FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハエの蛆を食べてみました。(間接的)

ご訪問頂き有難うございます。


ポチ🐕が励みになります<(_ _)>
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村


ブロッケンタイガー レッド 
IMG_8702.jpg



こんばんは

今回は蝦天狗ミールの原料で使用されている有機栽培蛆について書いてみたいと思います。

以前ブログでも書きましたが、

蝦天狗ミールについて】←前回の記事が気になる方はこちら



ミール

蝦天狗ミール最大の特徴は

有機栽培で育てたハエの幼虫から抽出される

動物性タンパク質が配合されているのがこのエサの特徴です。

ハエの幼虫ってあまり一般的に馴染みがないので、

気持ち悪いイメージがあると思います。


が実は!

アジア、アフリカ、南米を中心に1,900種類以上の昆虫が

昆虫食として扱われ20億人の食生活の一部になっています。

食料危機を救う食材として注目を浴び、国連食糧農業機関(FAO)も推奨してる食材なのです。

昨今ヨーロッパでは昆虫のベンチャービジネスが次々に立ち上がるなど、

世界的に見た場合昆虫への注目は高いのです。


こちら知人のバナメイエビ繁殖場
IMG_7223.jpg
有機栽培蛆を配合したエサのみを与えて養殖しています。


ここで育てたバナメイエビは
IMG_7267.jpg
なんと!!お刺身でいけちゃうのですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

有機栽培されたハエの蛆で育てたバナメイエビを生で美味しく頂きました。(間接的ですが)

通常フィッシュミールの餌で育てたバナメイエビの味噌は練り餌みたいな匂いがします。

なのでエビの殻をむいた時手にこの匂いが付きます。

しかしフィッシュミールを使用せず、有機栽培されたハエの蛆で育てた

バナメイエビのエビ味噌は雲丹に近い味わいで、身の方は車エビに近い甘みもあり

まるで、海の宝石箱や~!


以上 蝦天狗食レポでした

(x_x) ☆\( ̄ ̄*)バシッ



もう一つ

ハエの幼虫を使用してる理由は

今ではフィッシュミールは水産業では欠かせない物であり

年間数百万㌧近く南米などから輸出されています。

このフィッシュミールは名前の通り原料が魚です。

今世界的な魚粉魚油の需給バランスが大きく変わってきています。

上記で国連食糧農業機関も言ってますが、

増え続ける世界人口に対して限られた耕地面積での農業生産の拡大は限界が見られることと、

健康食品としての魚が大きく注目され魚食の増大が世界的に進んでいます。

人間が魚を食べるために魚を使って魚を取る!

この事から魚粉魚油不足が起こると見た国連食糧農業機関が昆虫食を推奨しいてるもう一つの理由です。


今回は

蛆=気持ち悪い

と言う概念を少しでも取って頂く為に書きました。

つづく

次回蛆の写真が出てくるのでご注意!


ピンボケ レッド ブロッケンタイガーσ(^_^
IMG_8703.jpg


ポチ🐕が励みになります<(_ _)>
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。